中二病でも全うに生きたい!

だーくふれいむまちゅたー

Amazon Linux 2 で ansible をインストールする。

たまにこういうことありそうだけど、忘れそうなのでメモっておく。

amazon-linux-extras はわりと使いそう

$ sudo amazon-linux-extras enable ansible2
$ amazon-linux-extras
$ yum install ansible

EPELの有効化

たまに RHEL7 でやると忘れるのでメモ。 extras と optional は基本 enable でもいい気がする。

RHEL7

yum-config-manager --enable rhui-REGION-rhel-server-extras
yum-config-manager --enable rhui-REGION-rhel-server-optional
rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

CentOS7

yum install epel-release

ping の疎通確認を戻り値でやるかと思ったけど、どこまでが 0 になるのか微妙に気になったので雑に確認した。 とりあえず、1発でも成功すると 0 になるっぽい。

$ ping -c 5 8.8.8.8 ; echo $?
PING 8.8.8.8 (8.8.8.8): 56 data bytes
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=0 ttl=57 time=4.167 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=1 ttl=57 time=3.119 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=2 ttl=57 time=4.568 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=3 ttl=57 time=2.870 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=4 ttl=57 time=7.951 ms

--- 8.8.8.8 ping statistics ---
5 packets transmitted, 5 packets received, 0.0% packet loss
round-trip min/avg/max/stddev = 2.870/4.535/7.951/1.821 ms
0

$ ping -c 5 8.8.8.8 ; echo $?
PING 8.8.8.8 (8.8.8.8): 56 data bytes
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=0 ttl=57 time=7.794 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=1 ttl=57 time=4.385 ms
Request timeout for icmp_seq 2
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=3 ttl=57 time=9.956 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=4 ttl=57 time=4.709 ms

--- 8.8.8.8 ping statistics ---
5 packets transmitted, 4 packets received, 20.0% packet loss
round-trip min/avg/max/stddev = 4.385/6.711/9.956/2.298 ms
0

$ ping -c 5 8.8.8.8 ; echo $?
PING 8.8.8.8 (8.8.8.8): 56 data bytes
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=0 ttl=57 time=95.211 ms
64 bytes from 8.8.8.8: icmp_seq=1 ttl=57 time=17.201 ms
ping: sendto: Network is down
ping: sendto: No route to host
Request timeout for icmp_seq 2
ping: sendto: No route to host
Request timeout for icmp_seq 3

--- 8.8.8.8 ping statistics ---
5 packets transmitted, 2 packets received, 60.0% packet loss
round-trip min/avg/max/stddev = 17.201/56.206/95.211/39.005 ms
0

$ ping -c 5 8.8.8.8 ; echo $?
PING 8.8.8.8 (8.8.8.8): 56 data bytes
ping: sendto: No route to host
ping: sendto: No route to host
Request timeout for icmp_seq 0
ping: sendto: No route to host
Request timeout for icmp_seq 1
ping: sendto: No route to host
Request timeout for icmp_seq 2
ping: sendto: No route to host
Request timeout for icmp_seq 3

--- 8.8.8.8 ping statistics ---
5 packets transmitted, 0 packets received, 100.0% packet loss
2

太古の latin1 , MyISAM のDBを、現代の utf8mb4 , InnoDB に変換した。 悲しい気持ちになった。

ありがとう先人

mysqldump -u hoge -p fuga --default-character-set=latin1 > dump_file.sql

perl -i -pe 's/ENGINE=MyISAM/ENGINE=InnoDB/' dump_file.sql
perl -i -pe 's/DEFAULT CHARACTER SET latin1/DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4 COLLATE utf8mb4_unicode_ci/' dump_file.sql
perl -i -pe 's/DEFAULT CHARSET=latin1/DEFAULT CHARSET=utf8mb4 COLLATE utf8mb4_unicode_ci ROW_FORMAT=DYNAMIC/' dump_file.sql

サーバに作ったスクリプトどこに置くか問題、とりあえず最近の bash とかだと以下のように $HOME/bin にパスが通ってるし、そこに置くようにしてる。

PATH=$PATH:$HOME/.local/bin:$HOME/bin

MariaDB 10.2 で、データディレクトリを変更する

初めて CentOS7 で MariaDB 10.2 のデータディレクトリを変更する機会があったんだけど、地味にハマったのでメモを残す。以下を読め!!!

/var/lib/mysql → /home/mysql/ に変更

  • SELinux に気をつけろ
  • my.cnf はいつも通りだ
  • Systemd お前は許さない

SELinux はいつも通り無効化してたので、まぁハマりポイントじゃないし my.cnf も、いつも通りなので問題なし。 Systemd お前が問題だ! 結果として、以下の設定変更が必要だった。 ProtectHome はいろんなところで言われてるし、ふむふむという感じだけど、ProtectSystem に気づくのに時間かかった。

vi /usr/lib/systemd/system/mariadb.service

ProtectSystem=full
↓↓↓
ProtectSystem=off

ProtectHome=true
↓↓↓
ProtectHome=false

RSSに生きる

便利なサイトがあったので共有します。

queryfeed.net

Twitter やら InstagramRSS 化してくれる最高のサービス。 未だにRSSリーダー(Inoreader)を使っているので、声優の instagramRSS で見れるようになったことに感動を禁じ得ない。

IRCCloud や Inoreader に課金してて、もっとも使ってるウェブサービスという感じなんだけど、昔も今も求める情報に変わりはないということが分かる。